掲載日:2020年1月7日

大日コンサルタント株式会社 新本社屋

中部ニューオフィス奨励賞

外観

建物の外装で目指したのは、質実剛健、力強さといった土木コンサルタントらしい顔づくり。ファサードからエントランスホールはコンクリート打放しの仕上げ。ランダムなコンクリート壁の骨組みを外観に表すことで、顧客や地域、社会に信頼される実直さや信頼感を表現している。

ミーティングエリア

執務エリアの中央に配置され、交流の核となる場であり、全方向からアクセスしやすく、積極的に活用されている。床のカラーはコーポレイトカラーのグリーンを採用。

執務エリア

オープンで見通しのよい空間。交流エリアと分離することで、集中できる環境を確保した。

ミーティングコー ナー

役職者との打合せには執務エリア内のミーティングコーナーを利用。迅速な意思決定を実現する。

リフレッシュエリア

2階の階段横の空間。居心地のよいソファブースが、フロア間の気軽な交流を誘発する。

リフレッシュラウンジ

1階の通りに面した窓際にグリーンを取り入れた空間。会話が弾む心地よい空間。

1階食堂

ミーティングにも利用できる、オープンテラスに面した明るい空間。絵画や植栽、色温度を下げた照明が、リフレッシュ効果を高める。

集中ラウンジ

3階の窓に面したスペース。背の高いラウンジチェアでプライベート空間を創出。

応接室

ガラス間仕切の空間。使用時はブラインドで外部の視線をコントロールできる。

エントランスホール

ゲストを迎えるエントランスホールは、コンクリート打放しリブ壁で土木コンサルタントらしさを表現。

業種

新たな事業分野への挑戦を見据え部門間の連携を強化し働きがいの創出を実現する。

1952年の創業以来、総合建設コンサルタントとして全国の社会インフラ整備に携わり、豊かな国土と社会の形成に貢献し続ける大日コンサルタント株式会社。「安全で豊かな社会づくり」「働きがいのある継続企業」を目指す同社では、2017年11月、約4年の期間を
経て建て替えを進めてきた新本社屋が稼働。「CONNECT( つなぐ)」をオフィスコンセプトに据えた、地域や社会、そして社員と組織の豊かな未来を切り拓く拠点だ。

物件概要
大日コンサルタント株式会社 新本社屋
住所
岐阜県岐阜市
完成年月
2017年11月
規模
4,099.28㎡
入居者数
約185人

※ 上記は、竣工時の情報です。

リフレッシュエリア

リフレッシュエリア

リフレッシュエリア

2階の階段横の空間。居心地のよいソファブースが、フロア間の気軽な交流を誘発する。

集中ラウンジ

集中ラウンジ

集中ラウンジ

3階の窓に面したスペース。背の高いラウンジチェアでプライベート空間を創出。

Comment

武田 勇
ITOKI Designer
武田 勇
Isamu Takeda

社員の方々が交流を深めたいという強い思いを持っており、それを実現する仕掛けをどう構築するかが、イトーキに託された役割でした。フォーマル、フランク、リフレッシュなどのさまざまな場を提案し、「交流の活性化」を狙いました。現在、いずれの場所も積極的に活用されているとのことで、当初の目的を達成できたのではと考えています。また、家具選びに関してショールームにメーカー問わず実物を集め、座り心地や使い勝手について検討いただきました。これらの取り組みが愛着につながっているようで、改めてその必要性を実感しました。

Other works

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑