医療

掲載日:2021年8月6日

医療法人社団こころとからだの元氣プラザ

物件概要
医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
住所
東京都千代田区
完成年月
2020年4月
規模
1階 約670㎡/2階 約2,270㎡
主な施工内容
内装工事、レイアウトデザイン、家具、ICT

※ 上記は、竣工時の情報です。

人間ドック・健康診断を通して「こころとからだ」の健康に貢献することを理念とする医療法人社団こころとからだの元氣プラザ。
同院は2020年4月に、飯田橋から神保町へと移転。
「効率的なゾーニング」、「安心と信頼を獲得する建築計画」、
「成長と変化へ対応しうる施設」を基本コンセプトに、
受診者目線とスタッフの働きやすさに配慮した「人」に優しい施設を実現した。

“バイオフィリックデザイン”で自然を感じられる心地よい空間に。
利用しやすさを追求した健診施設。

User's Voice

医療法人社団こころとからだの元氣プラザ
医療サービス事業本部 副本部長
松本卓氏

回廊型の動線にしたことでスタッフの作業効率が向上し、受診者からも「待ち時間が短くなった」と好評です。また、医療施設というと、白一辺倒で冷たい印象を与えがちなのですが、「バイオフィリック」というコンセプトにより、受診者にとって心地よい空間になったと実感しています。イトーキには、当院に何度も足を運んで現状備品の確認作業で各診療科のヒアリングをするなど、1つひとつ丁寧に積み重ねていただきました。私たちの空間に対する要望も、医療施設特有の法的な制限もクリアしながら、具体的なデザインとして提案いただきました。

Comment

健石 雅一
Director
健石 雅一
Masakazu
Tateishi

避難安全検証法対象のオフィスビルに健診エリア(MRIやCTといった大型機器も設置)、外来エリア、検査エリアを作るといった難しい内容でしたが、山下PMC様、丹青社様、医療機器メーカー各社様などすべての関係者の皆様と密にコミュニケーションを図り、プロジェクトを無事に完了することができました。

施設は、健診着に着替えて以降、男女が交わらないような工夫がなされています。
また、健診者様の待ち時間短縮のため、様々なICT設備やコンシェルジュを配置するなど、様々な配慮がなされた施設となっていますので、是非、ご利用いただければと思います。

星 幸佑
Designer
星 幸佑
Kousuke
Hoshi
堀内 緑
Designer
堀内 緑
Midori
Horiuchi

今回の移転PJは、大型オフィスビルにテナントとして健診センターを作るという稀有な物件で、設備調整や工事調整が多岐にわたることから丹青社様と協業しながら設計を進めました。

健診センターに訪れる来院者は、憂鬱であったり不安な気持ちを抱えてこられます。この施設は都心にありながらも、植物や光などの自然を感じられる空間が広がっています。決して広くはない施設ですが、綿密な計画や、密にならず広がりを感じさせるレイアウトで、来訪者だけでなくスタッフにも心地よく過ごせる場となっています。

これからは移転前よりもっと利用者に喜ばれ選ばれる健診センターになればという思いで携わらせて頂きました。

Other works

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑