自治体

掲載日:2021年8月31日

九州・沖縄ニューオフィス推進賞/九州経済産業局長 

嘉麻市庁舎

物件概要
嘉麻市庁舎
住所
福岡県嘉麻市
完成年月
2020年3月
規模
9,652㎡
庁舎内職員数
約371人

※ 上記は、竣工時の情報です。

2006年に1市3町の合併により誕生した福岡県嘉麻市。
福岡県のほぼ中央に位置し、北部九州最大の遠賀川の源流がある。
同市では、「シンプル・コンパクト・フレキシブル」を目指した新庁舎を2020年3月に開庁。
コンパクトな建物形状の中に豊かなオフィス環境を実現した。
その建築プロセスは、地方自治体に共通する課題解決にひとつの指針を示している。

シンプル・コンパクト・フレキシブルを実現。
市民に寄り添う「まちづくり」の拠点となる庁舎。

User's Voice

嘉麻市
総務課長
安陪博士氏

執務空間に採用したユニバーサルプランは、フレキシブルな運用ができ、コロナ禍における感染対策として席数を減らしソーシャルディスタンスの確保にいち早く対応できました。見通しの良い空間で、職員間・部署間の連携も活発になりました。これらは、本プロジェクトの初期段階で行ったオフィス環境調査を行ったことが大きかったと思います。コミュニケーションの活性化や移動距離の短縮など、業務効率の改善に役立ちました。開庁後もイトーキは何度も足を運び状況確認をするなど、フォロー体制をつくっていただき、都度相談できるので安心しています。

Comment

大浦 剛司
ITOKI Director
大浦 剛司
Takeshi
Oura

「コンパクト庁舎」というニーズを具現化する為に、基本設計の初期段階に久米設計様と連携し、オフィス環境調査業務を実施致しました。設計の根拠となるデータベースを初動で構築した結果、コンパクト&豊かなオフィス環境が実現出来ました。

市民と共に「まちづくり」を強く先導する庁舎を実現する為に、地元の指物木工職人(嘉麻の匠)制作の家具や地元のガラス職人(嘉麻の匠)制作の照明を設置し、地域の力を盛り込んだ空間を構築し、地域コミュニティを形成している点も大きな特徴です。

また、嘉麻市産杉材を効果的に活用し、環境サイクルに貢献すると共に、林業や関連産業が活性化する事で、地域全体に貢献しています。私達は、嘉麻市産杉材を幕板に利用した窓口カウンターを制作させて頂きました。木の持つ風合いにフェルト素材のカラーパネルを組み合わせた事が大きな特徴です。表情の変化を作り出す事を目的とし、カラーパネルの表裏で色を変え、レーザーエッジングで課の番号を表現すると共に、相談窓口に適した吸音性も兼ね備えました。建築との調和を意識し、デザイン性と機能性を兼ね備えた窓口が実現出来ました。

Other works

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑