掲載日:2016年10月21日

立命館大学 大阪いばらきキャンパス オープンギャラリー「ラゴラ(R-AGORA)」

オープンギャラリー「ラゴラ(R-AGORA)」

明るく開放的な空間に、9面マルチサイネージ、2台の60インチタッチディスプレイ、70インチタッチディスプレイBIGPAD(ビッグパッド)などのICT 環境を整備。60インチタッチディスプレイと什器は可動式にして空間に可変性をもたせた

オープンギャラリー「ラゴラ(R-AGORA)」

空間中央に配された 縦3.1m 幅4.6m の60インチ9面マルチサイネージ。大画面が放つインパクトが通路を往来する人の視線を引き寄せつながりを生むハブ機能としての役割も果たす。行き交う人の視覚だけでなく聴覚にも訴えられるよう、音響性能に優れたスピーカーも組み込んだ

マルチサイネージ

9面マルチサイネージは24インチタッチディスプレイで操作

マルチサイネージ

9面マルチサイネージは全面表示のほか変則配置の6面分割表示も可能。

ツリービューワー

大学紹介には情報探索型のサイネージシステム「ツリービューワー」を導入。ほしい情報が直感的に取り出せるインターフェースデザインで、子どもからシニアまで簡単にタッチ操作を楽しむことができる

学校紹介のサイネージステム「ツリービューワー」はCMSでコンテンツを管理。階層型データベースで情報の追加や更新も簡単。ネットワーク上から運用状況も確認できる

ラゴラビューワー

オリジナルコンテンツの「ラゴラビューワー」。さまざまな出来事の時系列を並列表示し気づきや発見を促す。モノではなくコトが主な研究対象となる経営学部・政策科学部学生の研究成果発表にも利活用できる

60インチタッチディスプレイでも学校紹介情報が閲覧できる

ラゴラの北側、ガラス窓でコの字型に囲まれたコーナーは眺望もよく人気のスペース

プロジェクトスペース

南側のプロジェクトスペース。市民が地域の問題点を話し合うなど誰でも自由に使える。

ラーニングスタジオ

ラゴラの向かいにあるラーニングスタジオ。テーブル・椅子やディスプレイは可動式。可動パーテションを収納すれば隣室とつなげて広く使うことも可能

2015年11月に開催されたアジアフューチャーセッションの様子。9面マルチサイネージやタッチディスプレイで情報発信を行い、ディスカッションを繰り広げた

業種

“ つながる” 空間とコンテンツで産学・地域連携を促進

京都市と滋賀県草津市にキャンパスを擁する立命館は、2015年4月、大阪府茨木市に大阪いばらきキャンパス(OIC)を開設した。経営学部、政策科学部の新拠点とし、さらに2016年4月には総合心理学部を新設。産学連携、地域連携を含めた教育・研究の質的向上を目指す。9.9万㎡の敷地には学舎や体育館だけでなく、カフェや図書館、ホールなどが入った市民開放型施設も併設。コンセプトは「市民に開かれたキャンパス」だ。

物件概要
立命館大学 大阪いばらきキャンパス「R-AGORA」
住所
大阪府茨木市
完成年月
2015年04月
主な実施内容
空間プランニング、コンテンツ制作、サイネージシステム構築、サイネージ設置(60インチ9面マルチディスプレイ1セット、操作用24インチタッチディスプレイ1台、 60インチタッチディスプレイ2台、70インチディスプレイ(BIGPAD)2台)、筐体設計
※「BIGPAD(ビッグパッド)」はシャープ株式会社の登録商標です。

※ 上記は、竣工時の情報です。

ツリービューワー

ツリービューワー

ツリービューワー

大学紹介には情報探索型のサイネージシステム「ツリービューワー」を導入。ほしい情報が直感的に取り出せるインターフェースデザインで、子どもからシニアまで簡単にタッチ操作を楽しむことができる

60インチタッチディスプレイでも学校紹介情報が閲覧できる

ラーニングスタジオ

ラーニングスタジオ

ラーニングスタジオ

ラゴラの向かいにあるラーニングスタジオ。テーブル・椅子やディスプレイは可動式。可動パーテションを収納すれば隣室とつなげて広く使うことも可能

Comment

福山 春夫
Cordinator
福山 春夫
Haruo Fukuyama
山中 達也
Designer
山中 達也
Tatsuya Yamanaka

「ラゴラビューワー」は我々も初めて取り組むタイプのコンテンツですが、これまでの経験を活かし、ご期待に応えられるよう努力を重ねたいと思います。また、ラゴラビューワーの導入に先んじて、9面マルチサイネージに流すコンテンツとして階層型表示の「ツリービューワー」をご提案しOIC と立命館様の周知を促進。2つのインタラクティブコンテンツを共存させることで「つながりを生む場」というラゴラのコンセプトがより具現化できると考えています。

Other works

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑