掲載日:2016年8月8日

株式会社テクノプロジェクト コナンテクノポート

第28回 日経ニューオフィス賞(2015) 受賞

リフレッシュコーナー

コピーコーナーやパントリーを集中させたリフレッシュコーナーを執務室の入口付近に設けた。写真は1階リフレッシュコーナー。床面を赤い円形に貼り分け、他のエリアや2階との差別化を図った。

執務スペース

1階執務スペース。無柱の大空間で天井材も設けず、明るく開放的な空間。写真左手の窓側には各種コミュニケーションスペースをレイアウト。

ソファ席

ソファ席では、ミーティングや個人ワークにも活用できる。

ミーティングコーナー

自席に隣接したミーティングコーナー。ディスプレイを設置し、ペーパーレスで打合せが可能。

ミーティングコーナー

テーブル上の短焦点プロジェクターで映像を壁面に投影し、情報共有できるミーティングコーナー。

リフレッシュコーナー

2階リフレッシュコーナー。1階同様に入口付近に設けた。床カラーはグリーンを用いて1階と差別化を図る。

リフレッシュルーム

リフレッシュルームでは、景色を楽しみながら気分転換を図ることができる。写真奥に見えるらせん階段は屋上の展望デッキへとつながる。

応接室

宍道湖を見下ろすことができる応接室。

大会議室

大会議室。セミナーや研修に活用している。

大会議室

大会議室を可動間仕切により個室にすることも可能。窓の外には宍道湖の風景が広がる。

外観

正面のルーバーが特徴的な建物外観。宍道湖を望む高台に建ち、上階からは湖面の水鳥やしじみ舟などの景観を楽しめる。

パーティション

パーティションのように見えるのは光冷暖システム。室内の随所に設置され、最適な温熱環境と省エネを実現する。天井にはLED照明を設置。

業種

技術者が能力を発揮するための新たなクラウドビジネスの拠点。

ITサービスとソフトウェア開発を手がけ、主に島根を事業基盤として全国、そして海外へ事業展開する株式会社テクノプロジェクト。自治体やヘルスケア分野など社会インフラを担うシステムの構築・運用で豊富な実績を持っている。同社では拡大するクラウドビジネスに対応すべく、松江市の工業団地、松江湖南テクノパークに新オフィスビル「コナンテクノポート」を建設。2013年12月に運用を開始した。

物件概要
株式会社テクノプロジェクト コナンテクノポート
住所
島根県松江市
完成年月
2014年01月
規模(席数)
150席
規模(㎡)
1917.6㎡

※ 上記は、竣工時の情報です。

ミーティングコーナー

ミーティングコーナー

ミーティングコーナー

テーブル上の短焦点プロジェクターで映像を壁面に投影し、情報共有できるミーティングコーナー。

応接室

応接室

応接室

宍道湖を見下ろすことができる応接室。

外観

外観

外観

正面のルーバーが特徴的な建物外観。宍道湖を望む高台に建ち、上階からは湖面の水鳥やしじみ舟などの景観を楽しめる。

Comment

堀内 緑
Designer
堀内 緑
Midori Horiuchi

-技術者が能力をいかんなく発揮できるオフィスづくり-

を目的に掲げており、新オフィスには、屋上展望デッキやシャワー室付の簡易ベッドルームまで完備されています。システムエンジニアは、内にこもりがちというイメージがありがちですが、新オフィスの中では活発に情報を交換しお互いに刺激しあうことで、新しい価値を生み出していけるように、さまざまな形のコミュニケーションスペースを設けています。

働く技術者を多方面から支えることができるコナンテクノポートが宍道湖のほとりに完成しました。

Other works

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑