掲載日:2019年12月23日

九州大学 伊都キャンパス

中央図書館

アクティブ・ラーニング・スペース「きゅうとコモンズ」

中央図書館

アクティブ・ラーニング・スペース「きゅうとコモンズ」

中央図書館

アクティブ・ラーニング・スペース「きゅうとコモンズ」

中央図書館

閲覧席

イースト1号館

インナーモール

イースト1号館

語学演習室

イースト1号館

語学学習室

共進化社会システムイノベーションセンター 

大会議室

共進化社会システムイノベーションセンター

MIスタディグループ室

共進化社会システムイノベーションセンター

セミナー室

共進化社会システムイノベーションセンター

リフレッシュライブラリー

大講義室Ⅰ

学生サロン1

大講義室Ⅰ

学生サロン2

福岡県産材の活用

福岡県産材を活用した各種家具を設置し、木のぬくもりを感じる空間づくりに貢献するだけでなく、木材の地産地消をPRする役割も果たす。

福岡県産材の活用

福岡県産材を活用した各種家具を設置し、木のぬくもりを感じる空間づくりに貢献するだけでなく、木材の地産地消をPRする役割も果たす。

福岡県産材の活用

福岡県産材を活用した各種家具を設置し、木のぬくもりを感じる空間づくりに貢献するだけでなく、木材の地産地消をPRする役割も果たす。

業種
機能

九州大学は、現在学部学生約11,600名、大学院学生約7,000名、教職員約8,000名が所属し、基幹教育院、12学部・1プログラム、18学府、4専門職大学院、16研究院、高等研究院、5研究所、病院、図書館などを擁するわが国有数の中核的教育・研究拠点大学。

2005年に移転を開始し、2018年に完成した伊都キャンパスは、現在、学生教職員数約19,000人の国内最大規模のキャンパスだ。

伊都キャンパスは、「基幹教育」を学ぶ施設や事務局等が立地する「センターゾーン」、大規模な教育研究棟群の「ウエストゾーン」、国内大学では最大規模の図書館や人文社会科学系の施設群で移転事業最終ステージに完成した「イーストゾーン」の3つのゾーンで構成される。

世界的レベルの研究・教育拠点形成にふさわしい施設として整備されているだけでなく、自然地形を残し環境との共生に配慮し、地域に開かれたキャンパスとなるよう様々な工夫が施されている。

物件概要
九州大学 伊都キャンパス
住所
福岡県福岡市西区
完成年月
2018年
主な納入製品
エコ二ファ、スクラム、テーブル、チェア他

※ 上記は、竣工時の情報です。

イースト1号館

イースト1号館

イースト1号館

インナーモール

共進化社会システムイノベーションセンター 

共進化社会システムイノベーションセンター 

共進化社会システムイノベーションセンター 

大会議室

共進化社会システムイノベーションセンター

共進化社会システムイノベーションセンター

共進化社会システムイノベーションセンター

リフレッシュライブラリー

福岡県産材の活用

福岡県産材の活用

福岡県産材の活用

福岡県産材を活用した各種家具を設置し、木のぬくもりを感じる空間づくりに貢献するだけでなく、木材の地産地消をPRする役割も果たす。

Other works

こちらもご覧ください

お問い合わせ・サポート

ご質問やお問い合わせは
お問い合わせフォームかお電話でお願いいたします。

お問い合わせ・サポート

ショールーム一覧

お近くのショールームへお越しいただき、
イトーキの考える新しい提案を是非ご体感ください。

ショールーム一覧

↑